口座開設について

DMMビットコインのように認可を受けている業者は何が違うのか?

更新日:

DMMビットコインの会社概要を見ると、「登録完了済み」という項目が目に入りますよね。

これは、DMMビットコインが金融庁から正式に「仮想通貨取引業者」としての認可を得ていることを意味しています。

現在では、この認可がない状態で仮想通貨の取引を提供すると、その業者に対して行政処分が下されることになっています。

では、認可を獲得するための基準とはどのようなものでしょうか。

仮想通貨取引業者 認可の基準は?

1つ目は「堅牢なセキュリティーを保持しているか」という点ですね。

仮想通貨の取引において、顧客の資産を保護するために電子データが正確に保持されること、また外部からの不適切なアクセスを防ぐための対策がなされていることは非常に重要です。
金融庁による認可を受けるためには、

一般的なSSL暗号化に加えて、どのようなアクセス管理がなされているか
ファイヤーウォールの耐久性はどれほどか

といった点に関する精査をパスしなければなりません。

2つ目のポイントは「データ漏えいに対する対策が十分に施されているか」という点ですね。

サーバー管理の方法や、DMMビットコインのように「コールド・ストレージ」によるバックアップ対策がなされているか、といった分野が対象となり、

一定基準をクリアしている業者にのみ認可が与えられます。

このように認可を受けるには厳格な基準が設けられています。

厳格な規制や取り締まりが強化されているのは、ずさんな管理体制でユーザーが大きな損害を受ける可能性があるためです。

資金がきちんと管理されれば、おのずと顧客の安全性も守られるということになります。

-口座開設について

Copyright© DMMビットコインの始め方!【口座開設・登録】実際どうなの? , 2018 All Rights Reserved.