システムについて

DMMビットコイン 出来高が多いのはなぜ?

投稿日:

最近ビットコインの取引所として注目を集めているのが『DMM Bitcoin』ですよね。

ローラさんが面白くCMしているので、目にしたこともあるんじゃないですか?

DMMビットコインによる本格的なサービス提供が始まったのは2018年に入ってからですから、数ある販売所の中でも新規参入に分類されるはずですよね。

とはいえ、DMMビットコインの出来高(取引総額)を見ると、老舗販売所と比較するほどの売り上げを日々記録している事が分かります。

では、DMMビットコインがこれほどの出来高を確保している背景にはどんな理由があるのでしょうか。

 

DMM Bitcoinの出来高が多い3つの理由

1つ目の理由は「アルトコインを狙った戦略」ですね。

ビットコインを専門に扱う取引所が多い中で、DMMビットコインでは「リップル」や「ライトコイン」、「イーサクラシック」などのアルトコインに関する取引を幅広く提供しています。

アルトコインの取引は最大で5倍のレバレッジが可能となっているので、少しの変動で大きくもうけるチャンスが存分にあるというわけですね。

出来高が伸びている2つ目の理由は「各種手数料が無料であること」ですね。

購入・売却手続きはもちろんのこと、金融機関からの振込やクイック入金に関しても完全無料を実現しています。

そのため、仮想通貨取引を初めて行なう人やまだそれほど経験がないトレーダーに対してDMMビットコインの利用をすすめるケースが非常に多いのです。

そして最後、3つ目の理由は「トレード画面が見やすく使いやすい」になります。

仮想通貨を取引するときに、「本当にこのチャートだけで取引するの?」なんて感じてしまうケースもあると思います。

その点DMMは外為取引の大手なだけあって、取引画面の設定なども簡単でアプリも見やすく作られているんです。

チャート上から注文を行うこともできるし、もちろん決済まで完了することができてしまう。動作も軽く、リアルタイムでポジションの確認が可能。

こうした要因が出来高アップを後押ししていると言えますね。

仮想通貨を始める場合、まずは取引ができる口座を持つことからスタートすることになります。

もちろん、一つの口座に絞り込むのも良いかもしれません。ですが取引所によって、様々なメリットやデメリットが出てしまうのが現実です。

まずは、使いやすいと評判のDMMビットコインで初めてみて、余裕が出てきたらほかの取引所も登録していくというのがお勧めになります。

取引所を分けておくのもリスクヘッジになりますから。

-システムについて

Copyright© DMMビットコインの始め方!【口座開設・登録】実際どうなの? , 2018 All Rights Reserved.